鋼に魂を吹き込んで半世紀。
金属熱処理の「匠」島崎熱処理株式会社

  • HOME
  • >
  • 事業内容2

熱処理に関するコンサルティング

一口に熱処理と言われても、設計図には明確に示されていない場合など、どのような処理を加えれば良いのか困った事は有りませんか?
 
過度な強度ならまだしも、強度不足では、製品の安全性に関わる事が有るかもしれません。また、コスト面では、熱処理方法の選択が、部品コスト、製品コストに影響を与えるかもしれません。
 
当社では、様々な部品が使用される環境を考慮した、最適な熱処理方法のご提案、課題解決のためのコンサルティングも行っております。試作部品の一つから大量のロットのものまで。小型のパーツから大型の重量物まで、これまで半世紀に渡って積み上げて来た経験を基にご提案、お見積りいたします。
 
お問い合わせはお気軽に。
お急ぎの場合は、お電話でご連絡下さい。技術営業がお答えさせて頂きます。

良く有るご質問(FAQ)


試作品の熱処理方法による比較をしたい

材質・使用用途に併せて適切な熱処理条件を御提案させて頂きます


耐摩耗性を向上させるには?

高周波焼入れ・高濃度浸炭等、表面熱処理が有効です。


耐熱性を大幅アップしたい

材料の選定が重要となります。SKD61などが汎用性があります。


疲労強度を向上させて折損しにくくしたい

素材の段階で調質を行い、加工をした後、摺動部に表面熱処理を施すのが有効です。


酸やアルカリに対する耐食性を持たせたい

表面処理が有効です。パーカライジング処理などがあります。用途に応じご提案させて頂きます。


加工から熱処理、仕上げまで一貫発注をしたい

お任せ下さい。材料から機械加工・研磨・メッキ等、自社ネットワークの中で対応させて頂きます。